Himachal View theme

7月 26 2013

最近の広告の環境

Published by thehungryghost.net


カッコいいサイトを持ちたいと考えている方は名古屋のホームページ制作会社に依頼してみませんか?あなたが求めているサイトをきっと作ってくれますよ。

広告の王様と呼ばれたテレビCFも、最近ではすっかり調子を落としています。
これは、4マス媒体と呼ばれた、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどの既存メディアの情報支配力が落ちたことに起因します。
これの顕著な例として、日本の企業の広告費の推移を見れば、インターネットメディアがすごく伸びていることが分かります。
従って、これからの時代は、4マス媒体も一応一定の力は持ち続けるかもしれませんが、インターネットが主役になると言われています。

そこで、そんな時代の企業がこれからの広告を考えると、まずはホームページ制作をもっとよく考えるべきではないでしょうか?
企業名を検索したら最初に、ユーザーが目にするのはまずはホームページです。ホームページの質がどうしても低いと、どれだけその企業が良い企業であったとしてもユーザーは好感を持ってくれません。
従って、企業の宣伝活動おいてそのホームページ制作の意義は大きくなってきていると言えるのではないでしょうか?単なる企業情報をホームページ制作に込めるのではなく、よりホスピタリティをもった表現にすべきなのです。

ホームページには、リッチコンテンツと呼ばれるものがあります。このリッチコンテンツとは、より自由度の高い表現をホームページにもたらすものです。これは、映像などをホームページに乗せることができるので、Web デザインだけでなく、これからのホームページ制作には映像制作の技術も必要になってきます。
また、最近では、動画共有サイトなどで映像の広告を乗せることも多くなってきました。そこで、既存のレガシーメディアに乗せるよりも安くすむ共有サイトでのCM制作も視野に入れてはいかがでしょうか?当然、このような映像制作の広告の経験がない企業においても、これからは映像制作の広告の導入を検討すべき時代になっているのです。
映像制作会社は、それこそたくさんあるので、選ぶのも大変だと思いますが、次回から選び方も解説していきます。

腕は本物です。ホームページ制作なら大阪の業者さんが一番ですよ。どんなサイトにしたいかをきちんと伝えてアナタの満足いくサイト作りをしてもらいましょう。

タグ

No responses yet

Comments are closed at this time.

Trackback URI |

検索